水素水を活用するとできること

水素水や水素サプリメントは食品の範疇にあるため、支出者が医薬品と混同するような表現を用いてはならないと薬事法で決められています。また、細胞内で酸素を燃焼する過程で、活性酸素という酸化力の強い物質ができます。口から体内に取り込む事で、過剰な活性酸素を消去できないだろうかと見込みがされています。

医学界では、この活性酸素が暮らし習性病や老化のきっかけにもなるとも言われています。 一方、中性である水素分子水素ガ)が溶解した水素水」は、酸化還元電位を測定したケースに還元力が高いという結果にはなりません。但し、「水素水」を飲む事に関して、国から薬事的に認められた影響はまだないのです。人の体は、活動エネルギーを作りだすのに酸素を利用します。水素のエビデンスに関してご関心がある方は、太田先生のご協力で組み立てしたエビデンスサイトを参照ください(「水素エビデンス」で検索してみてください)。これらの延長として登場したのが「水素水」製品です。

暮らしの環境や習性によっては、この活性酸素が過剰に可能なため、体内で作られる抗酸化酵素だけでは、体内の酸化を抑制できなくなってしまいます。それにより、影響や効能があっても、この場のようにアイテムと紐付いた位置ではお伝えする事ができません。水素水が、老化やガンのきっかけとなる活性酸素を減らしてくれるから健康にいい」というのは、まだ仮説段階にあるステータスと言われています。

この過剰な活性酸素をなくすための健康食品として、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、CoQ10などが取り上げられ、注意を浴びてきました。ただし、酸化還元電位測定装置は電極にプラチナを使っている特性上、水素も「還元力が高い」という誤表示が起こってしまう特性があるのです。

日本では、アルカリ性の温泉で測定することでこれを水素の温泉だという事になっているのですがそうではないので残念です。そのため誤解しないようにしてください