青汁のおいしい飲み方

青汁は「また飲みたい」「毎日でも飲みたい」と思うほどおいしいものではありません。しかし、美容や健康面などによいイメージがあり、出来れば毎日飲みたいものです。

そこで、私が試したおいしい飲み方を紹介します。

一般的な飲み方は水に溶かす方法です。水に溶かすと青汁の味がそのままでるので、苦みや臭さなどが気になってしまいます。

苦味を隠すためには、豆乳や牛乳に混ぜる飲み方がおすすめです。脂肪分が苦みを包み込んでくれて、青汁独特の味が気になりにくくなります。

豆乳には、抹茶風味、バナナ風味、杏仁豆腐風味などいろいろなフレーバーがありますが、青汁と相性がよいのは無調整豆乳か調整豆乳です。無調整豆乳は何も味付けされていないので、やや豆の臭さが気になるかもしれません。豆っぽさが苦手な人は、調整豆乳に青汁を混ぜてみるとよいでしょう。調整豆乳や砂糖などの甘味料が加えられていて、豆っぽさを感じにくくなっています。

脂肪分が苦味を包み込んでくれるため、牛乳は低脂肪や無脂肪ではなく一般的なものがおすすめです。低脂肪牛乳ならある程度脂肪分が含まれているので、少しは青汁独特の味が気になるにくくなります。脂質はカロリーが高いので、ダイエット中の人やカロリーを気にしている人は、脂肪分が少ないタイプの牛乳を選ぶとよいと思います。

甘いものが好きなならジュースに混ぜて飲むことがおすすめです。

リンゴ、オレンジ、ブドウ、野菜などいろいろなジュースがありますが、青汁と相性がよいのはリンゴジュースや野菜ジュースです。酸っぱさがなく、甘いジュースとの相性がよいです。特にニンジンジュースに混ぜるとニンジンの甘さによって青汁の味がほとんど気になりにくくなります。

ブドウジュースも甘さがあるのですが、ブドウにはやや酸味があるので青汁との相性はあまりよくないです。グレープフルーツやオレンジなど柑橘類のジュースと混ぜると飲みにくいです。ジュースは甘いものを選ぶことをおすすめします。