水素水を保存するボトルとは

水素ガスを水に飽和状態で溶け込ませた水素水。水素というのは、普通の水にはほとんど含まれていませんが、色々なメーカーで研究を行い、水素を溶かした水素水を開発・販売しています。そのため、水素水に関連する商品は、メーカーによって形状はさまざまです。ですから、水素水を保存するボトルについての知識を持つ必要があります。

水素水の保存ボトルを大きく分類すると、アルミパウチ・アルミ缶・ペットボトルの3つが挙げられます。これらのタイプの中で、水素をボトル内で長く保てるものはアルミパウチであり、実際に多くのメーカーが採用しているボトルです。

では何故、アルミパウチが優れているのかというと、その密閉性にあります。アルミパウチ製の容器は4層構造といって、遮蔽性の高いアルミ素材を4層に重ねて気密性を高めています。水素分子は非常に小さいため、気密性が低い容器だとどんどん外に逃げてしまいますが、4層構造のアルミパウチなら簡単に水素が外に逃げないのです。

またペットボトルやアルミ缶と比べると、飲み口が小さい構造となっているので、水素が逃げにくくなっています。また、メーカーによっては、より水素が抜けにくくするために、独自開発したキャップを採用しています。

また、アルミパウチが優れているのは、密閉性だけではありません。アルミパウチはアルミ製品にもかかわらず、柔らかく柔軟に変形できる薄さを兼ね備えています。つまり、容器内に空気を入れない構造なのです。飲み残しを保存するときは、内部の空気を押し出して密閉状態に近づけることが可能です。

飲み残しの保存という点でもアルミパウチは非常に優れています。さらに飲み終わったアルミパウチはコンパクトに折り畳むことができます。持ち運びが楽なだけではなく、ゴミがかさばるのを防いでくれます。このようにアルミパウチ製の水素水は、気密性に優れているだけではなく、保存性や飲み終わった後の処理でも大きなメリットがあるのです。