朝いちで青汁を飲んで頑固な便秘も解消

朝いちで青汁を飲んで頑固な便秘も解消

腸内環境が良くなるとニキビなんかもできにくくなって、回復も早まると聞いてから野菜を食べることも意識していますが、青汁を活用することも忘れません。調べてみると便秘解消には、眠る前に青汁を飲むといいとありました。布団に入る少し前に青汁を飲むというものですが、ちょっと困ったことがあります。

深夜には22時から2時までのゴールデンタイムがあって、その時間帯に青汁の愛用を活かすには眠る前がいいということですが、就寝前なので深夜にトイレが近くなるのがいけません。朝までぐっすり眠りたいところ、就寝前に青汁を飲んだら、深夜に数回トイレに起きる羽目になってしまいました。おかげでその日は何となく寝不足にもなってしまい、自分に合ったタイミングを試すことにしたのです。

眠っている間に青汁の栄養が体内にいきわたって、腸内では善玉菌の餌になって活性化するのは魅力ですが、だからといって深夜に何度も起きると朝から眠くて仕方がありません。腸内環境を良いものに整えるため、眠る前に飲んで便秘解消も良いですが、何回も起きてしまったことから、朝いちで青汁を飲んでみました。

すると腸内の活動が活発になった様子で、数日続けると便秘はすっかり解消したので、便秘の解消には朝いちで飲むのもいいなと感じます。個人差があるので朝いちばんが絶対に他の人も良いとは言えませんが、便秘が解消をすれば腸内には不要なものがいつまでも溜まってしまう事もありません。

青汁の栄養によって善玉菌も増えてくれれば、腸内の環境は乱れた状態から正常化されて整うはずです。気を付けているのは朝いちで飲むといっても、出かける直前には飲まないことであり、出かける間際に青汁を飲むと出先でトイレが近くなってしまうかもしれません。豊富な食物繊維が本当にたっぷり含まれているんだなあと、朝飲むようになって感じています。

お通じをよくするには、たっぷりの食物繊維が必要であり、頑なな便秘などで悩んだら朝いちで飲んでみてもいいかもしれません。

著者について

suisosui20 administrator