カテゴリーアーカイブ 水素水

製造方法が異なる3種類の水素水の特徴

市販の水素水には異なる製造方法によって種類が分けられます。その種類は「アルミ缶・アルミパウチ」、「水素発生スティック」、「家庭用生成機水素水サーバー」の3つがあり、それぞれ特徴もメリット・デメリットも異なります。

まず、「アルミ缶・アルミパウチ」の水素水は製造工場で水に水素ガスを充てんして作られています。メリットは小包装されているので、封を開けてすぐに飲めるという点です。また、保管や持ち運びがしやすく、自宅だけでなく職場や外出先でも水素水を飲むことが出来ます。その為一番手軽に取り入れられる水素水と言えるでしょう。
一方デメリットは、製造時から時間の経過とともに水素が抜けてしまう為、開封したらすぐに飲み切らなければなりません。保管のしやすさはありますが、長期の保存には向いていません。

次に、「水素発生スティック」の水素水です。これはペットボトルなどの容器に入れ、水とマグネシウム、アルミニウムなどを化学反応を起こして水素を発生させて水素水を作ります。メリットは家庭でも簡単に水素水が作れて安価な商品が多い点です。

しかしデメリットとして事前に作り置きをしなければならず、手間がかかってしまいます。また、作る際に発生した水素ガスが水に溶け込む量は僅かなもので、作り方によって溶存量に差が出てしまいます。人の手で手作りするとなると、工場の機械でほぼ一定の品質でマニュアル化されて作られているものと比べるとどうしても劣ってしまいます。

最後に、「家庭用生成機水素水サーバー」の水素水です。製造方法は水に直接電極を差し込んで電気分解して水素を生成します。メリットは持ち運びができる機器など、機種に多様性がある点です。デメリットは、製造方法が電気分解の為、水質がアルカリ性に偏ってしまい、アルカリイオン水が生成されてしまう点です。

また、水中に溶け出した電極の金属イオンを摂取してしまう危険性もあります。金銭面でも機器本体やカートリッジに高価なものが多く、水素水を取り入れるにはハードルが高いのが難点です。

このように、市販の水素水にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、比較して自分のニーズに一番合う水素水を選ぶ必要があるでしょう。